シズカゲルは本当に効果あるのか?

これから使おうと考えている方にはとても知りたい情報です。

 

公式サイトをみれば、シズカゲルを使えばどんな効果が期待できるか?

 

どんな人が使えばいいのか?8割程度理解できる内容が掲載されています。

美白オールインワンで高評価のシズカゲル公式サイトはこちら >>

 

しかし、あと2割の部分についてはいろんなサイトから情報を探さないと駄目です。

そこで、公式サイトに掲載されていないシズカゲルの本当に効果についてお話します。

 

<目次>
1.シズカゲルの効果を検証

2.シズカゲル 年齢別の効果を検証

3.シズカゲル 効果なしの真相とは?

4.その他(シズカゲル 解析)

シズカゲルの効果を検証

シズカゲルは、医学誌に掲載もされた、独自成分「フラバンジェノール」をはじめ

選りすぐりの美容成分が配合されています。

 

ですから、シミ・小じわ・たるみ・乾燥・肌荒れなどの肌のトラブルが気になりはじめた女性におすすめです。

 

長く使うことでメラニンを減らし、肌のシミや顔のくすみを改善します。

 

また、オールインワンジェルなので、時短でスキンケアができ、忙しい女性の強い味方です。

 

では、実際の効果はどうでしょう。

 

体験談や口コミを検証してわかったシズカゲルの効果についてお話します。

 

シズカゲルでシミはとれるか?

シズカゲルにはシミに有効な成分が配合されています。

 

それは、資生堂が開発し厚生労働省認可の医薬部外品美白有効成分「アルブチン」です。

 

「アルブチン」は、メラニンをつくる「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害する作用によって、過剰なメラニンの生成を抑制。シミ・ソバカスができるのを防ぐ効果が期待されています。(引用:資生堂)

 

この成分と同じ効果があるのが、ビタミンC、アスコルビン酸、L-アスコルビン酸です。

 

この成分だけでは、シミ・そばかすの制御が出来ても、シミを改善することはできません。

 

そこで、シズカゲル独自に開発した「フラバンジェノール」を配合することで

シミを改善してくれる働きを実現しるのです。

 

シズカゲルは、シミ対策では医薬部外品認定を受け、シワ対策では効能評価試験済です。

 

また、多くの口コミでは、シミが目立たなくなったというコメントも多く寄せられています。

 

シズカゲルでシミはとれるか?

 

完全に消えるとまでは難しいでしょうが

ある程度の効果は期待できると思います。

美白オールインワンで高評価のシズカゲル公式サイトはこちら >>

 

シズカゲルでシミが消えない肌トラブルは?

シズカゲルを使ってもシミが消えないという口コミを見かけます。

 

それって、どんなシミを指しているのか気になりましたので調べたところ

年齢によるシミで、特に40代、50代の方の口コミに多く見受けられました。

 

その口コミを深く読んで見ると、なんと!試用期間が短すぎる!!

 

ほとんどの方が、1カ月未満で効果が感じられなかったとの意見です。

 

シミって、1カ月、2カ月続けたからって改善するものではありません。

 

最低、3カ月は使い続かることが重要です。

 

シズカゲルでシミが消えない肌トラブルについては

試用期間の短さが原因だとわかりました。

 

シズカゲル 美白効果を検証

次にシズカゲル 美白効果の検証ですが

美白とは、シミやくすみを無くすことで、肌が白くなり

美白肌に導いてくれるのです。

 

シズカゲルには、シミやくすみを改善する「アルブチン」「フラバンジェノール」の成分配合されています。

 

ですから、成分配合からすると美白効果は十分期待できます。

 

30代~50代の女性モニターさんの体験談には

「濃いシミは消えないけど、シミそばかすに変化があり、肌のトーンが明るくなった」とのアンケート結果が載っていました。

 

モニター期間は1カ月だそうで

2、3カ月継続すればもっといい結果が期待できると思います。

 

シズカゲルは医薬部外品です。

ご存知かと思いますが、医薬部外品は「日本の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものである。」(引用→Wikipedia)

しかし、シミ対策に関しての医薬部外品となります。

シズカゲル 保湿の効果を検証

乾燥体質の方は、保湿効果が気になりますよね。

 

では、シズカゲルの保湿効果はどうでしょう。

 

公式サイトには、乾燥肌、肌荒れに有効と書かれていますが…。

 

そこで、シズカゲルの保湿の効果について検証してみました。

 

シズカゲルのセラミドは足りないって本当!

シズカゲルのセラミドが足りないってどういう事でしょうか?

 

シズカゲルに配合されているセラミドの配合量が足りないのでしょうか?

 

セラミドが足りないと感じている方の口コミをみると

「シズカゲルを使った時に、つっぱる感がある」という方が多いようです。

 

いろんな口コミでわかったのですが

セラミドは、最初はツッパリを感じるが

徐々に肌に浸透していくようです。

 

ですから、最初のツッパリで保湿を感じないので

セラミドが足りないと勘違いしてしまうのでしょう。

 

多くの方は、シズカゲルで乾燥・かゆみが解消されると実感されています。

 

では、はだのトラブルはどうでしょうか?

 

次の項で、肌トラブルについてお話します。

 

肌トラブル別 シズカゲルの効果を検証

人それぞれ、肌の症状の悩みは違います。

 

しわ・ほうれい線・ニキビなど…。

 

では、シズカゲルはそれぞれの症状によって

効果を発揮できるのか?

 

肌トラブル別の検証してみました。

 

シズカゲル しわの改善を検証

シズカゲルはしわ改善に効果あるのか?

 

まずは、成分ですが

シズカゲルには、しわに有効な成分

・セラミド
・フラバンジェノール
・天然ビタミンE
・スクワラン

これ以外にも、10種類の天然由来成分が配合されています。

 

また、シズカゲル独自の成分のシワ予防効果が実際に認められた「フラバンジェノール」が

よりしわに有効に働きかけます。

 

シズカゲル ほうれい線の改善を検証

乾燥や弾力不足で笑うとほうれい線がクッキリ残ってしまう人に有効なのがシズカゲルです。

 

真顔の時に目立ってしまうほうれい線は、どうにもなりませんが

笑ったあとにクッキリ目立ってしまうほうれい線には有効です。

 

シズカゲルは、乾燥を根元からサポートし

ハリを与えてくれる成分がたっぷり含まれているので

口元からハリが出てほうれい線が見えにくくなります。

 

シズカゲル ニキビ・ニキビ跡の改善を検証

シズカゲルは、ニキビの中でも赤ニキビ跡の改善に有効な化粧品です。

 

赤ニキビ跡は、毛細血管に血液が停滞し、皮膚の内部で炎症を起こしています。

 

この赤みは、お肌のターンオーバーの繰り返しで改善されます。

 

改善されないのは、ターンオーバーの乱れが原因です。

 

シズカゲルには、ターンオーバーを正常にする成分に加え

赤みの炎症を抑える成分「フラバンジェノール」が配合されています。

 

炎症が治まれば赤みも改善され、ターンオーバーの繰り返しで肌は正常な状態に。

 

赤ニキビ・赤ニキビ跡改善に

シズカゲルは有効なのです。

 

シズカゲル 毛穴の詰りの改善を検証

毛穴の詰りは、しっかりとした洗顔で改善しますが

シズカゲルを使うことで毛穴の詰りを改善できるのか?

 

毛穴の原因は皮脂が詰まることです。

 

しかし、皮脂は肌のバリア機能を担っています。

 

肌の乾燥はバリア機能を低下させるので

乾燥は大敵です。

 

そこで、乾燥を予防すためにシズカゲルを使うことで

毛穴の詰りを改善させるのです。

 

シズカゲル たるみの改善を検証

肌のたるみは年齢からくるのが大半です。

 

ですから、少なからず顔たるみは避けて通れません。

 

しかし、肌にハリや弾力を持たせば、少しは改善できます。

 

シズカゲルには、フラバンジェノールという成分が配合させており

フラバンジェノールを取り入れることで

皮層においてコラーゲンを作り出す働きが活性化されるのです。

 

シズカゲルでたるみ改善の有効性は期待できます。

 

シズカゲル そばかすの改善を検証

そばかすには、シミと同じ紫外線などの刺激によってできるものと

遺伝的な要因で出来るんものとがあります。

 

遺伝的な要因については、改善は難しいでしょうが

紫外線などの刺激が原因のそばかすにはシズカゲルは有効です。

 

シズカゲルのは、シミ・そばかすに有効な成分「アルブチン」「フラバンジェノール」が配合されています。

 

「アルブチン」「フラバンジェノール」は、紫外線により発生した活性酸素に抗する作用が強くメラニン生成を促します。

 

シミ予防・シミ改善には、シズカゲルは有効なのです。

 

シズカゲル 肝斑の改善を検証

シズカゲルを使って肝斑を改善するは難しいようです。

 

肝斑の治療には内服薬としてトラネキサム酸とビタミンCが有効とされており

また、ハイドロキノン配合の化粧品かクリームが効果的といわれます。

 

シズカゲルにはこのような成分などは無く

肝斑を改善するのは難しいでしょう。

 

しかし、肝斑が発症しないようにする成分が配合されているので

肝斑を事前に予防する商品として使用すると良いでしょう。

 

シズカゲル 肌荒れ改善を検証

肌荒れの時に、美白化粧品を使うのは勇気がいります。

 

しかしシズカゲルは、肌荒れの時でも問題なく使用できるらしく

また、シズカゲルを使うことで肌荒れが改善できたと、口コミに掲載されていました。

 

肌の体質別 シズカゲルの効果を検証

化粧品は肌の体質によって、使える、使えないがあります。

 

基本的に、使用する前には必ずパッチテストをおこなってから使用するようにしましょう。

 

では、具体的な肌の体質別にシズカゲルは有効か検証します。

 

敏感肌にシズカゲルは有効か?

敏感肌の人にシズカゲルは使えるのか?

シズカゲルは皮膚科医と共同で開発した化粧品なので

お肌が弱い人でも安心できる成分が使われています。

 

また、無添加なので肌のバリア機能を損なう事がないため

アトピーや敏感肌の方でも潤いを実感できる化粧品です。

 

汗かきにシズカゲルは有効か?

汗かきの人は、シャワーのたびにメイク直しをしなければなりません。

 

しかし、シズカゲルは塗ってすぐにメイクができるので

メイク直しが少し楽になるようです。

シズカゲル 年齢別の効果を検証

シズカゲルを年齢別に使い分けた時の効果についてお話します。

【年齢別の効果について】
シズカゲルを使って効果があった年齢で

一番多いのが40代・50代で、一番少なかったのが10代でした。

 

効果を感じなかった年代は10代・20代が多く、40代・50代は少なかった。

 

要するに、10代・20代はシズカゲルを使ってもあまり意味がなく

逆に40代・50代の方が使う化粧品だということがわかります。

 

しかし、10代・20代の肌の悩みで多いのがニキビ・吹き出物が多く

シズカゲルの成分にはニキビや吹き出物に有効な成分も配合されているので

全く意味がないというわけではなさそうです。

 

また、40代・50代は、しみに関しての悩みが一番多いため

シズカゲルの効果を発揮するのに適した年齢ということになるのです。

 

シズカゲルの使用に、30代後半~40代・50代が一番てきしているといわれますが

10代、20代の方の肌ケアにも使えないことはないでしょう。

 

しかし、価格が高いので若い方にはコスパ面でメリットがないように思います。

シズカゲル 効果なしの真相とは?

シズカゲルの効果なしという口コミについてまとめました。

その内容と真相についてお話します。

 

シズカゲルはシミに効果なし

シミに効果があると口コミに書いてあったので

シズカゲルを購入しました。

使い始めて2週間

今のところ効果を感じられません。

【真相】
使い始めて2週間では判断できないでしょう。

中には、1週間程度使って変化を感じた方はおられますが

やはり、最低1カ月は使わないと効果は実感できないと思います。

 

肌のトーンとシミとシワに効果なし

シズカゲルを使い始めて3週間が経ちます。

肌のトーンやシミ・シワに何らかの効果があると期待していますが

今のところ肌が明るくなったわけでもないし、しみ・シワも変わらずです。

【真相】
3週間は微妙ですね。

とりあえず4週間で様子を見て

多少の変化を感じたら次は3カ月使い続ける

これで、納得いく結果が出なければ

他の商品に変えることを考えればいいかと思います。

 

シズカゲル メンズ(男性)には効果なし?

シズカゲルは女性用だから男性には効果がないと思っていいる方もおられるでしょう。

実はそんなことなく、男性でも十分使えますし

美容液としても効果を発揮します。

効果も女性と変わらない程度に変化を感じることができるでしょう。

その他(シズカゲル 解析)

シズカゲルの効果についていろいろ話してきましたが

上記以外のシズカゲルについてを解析していきたいと思います。

 

シズカゲルを使うメリット・デメリット

シズカゲルを使うメリットは、なんといっても1本で5役をまかなえるところでしょう。

 

化粧水、美容液、乳液、クリーム、パックを1本で出来ることで

時間短縮ができ、しかも美白効果まで実現してくれます。

 

デメリットとしては、即効性が感じられない、肌の弱い人に合わない場合がある、通販サイトでは購入できないといったことが上げられます。

 

シズカゲル 効果のある画像の信憑性は?

よく使用前、使用後の写真が掲載されていますが信憑性はどうなんでしょう。

 

すべての写真が如何わしいといわけじゃないですが

最近は簡単に画像を加工できます。

 

ですから、あまりあてにしない方がいいかと思います。

 

それほどのスキルがなくても、シズカゲルでほくろは消える画像なんて簡単に作れますから!




このページの先頭へ