シズカゲルは、美白効果やシミ対策に評判が良いオールインワン化商品です。

 

その、効果を最大限に活かすには、ただ単に、洗顔後に塗って終わりでは効果は半減します。

そこで、シズカゲルの効果を最大限にいかす使い方についてお話します。

 

<目次>
1.シズカゲル 使い方

2.シズカゲル 妊娠中・授乳中の使用について

シズカゲル 使い方

シズカゲルを効果的に使うにはどうすれば良いのでしょうか?

 

まず、基本的な使い方を知っておくことが大切です。

 

また、さらにより効果的な使うと、シズカゲルの持つ特徴がフルに発揮できます。

 

それでは、それぞれの使い方についてお話します。

 

シズカゲル 基本的な使い方

シズカゲル オールインワンジェルの基本的な使い方についてお話します。

①シズカゲルを4cm程度手にだして少し体温で温めます。

②手のぬくもりで暖かくなったら、まんべんなく顔全体に塗り広げます。

③気になる部分には、重ね塗るを、乾燥がひどい時は少し多めに塗りましょう。

④仕上げはもう一度軽く押さえながら肌に馴染ませていきます。

 

【朝の使い方】
シズカゲルを少量ずつ伸ばすように顔に塗っていきます。

多くつけるとメイクがよれてしまうので気をつけましょう。

 

【夜の使い方】
たっぷり4cm程だして顔に押す付けるように肌に浸透させます。

夜は多少多めに使った方が乾燥から守られます。

もっと詳しくは、シズカゲル公式サイトへ >>

シズカゲル クレンジング 使い方

シズカホットクレイクレンジング は、シズカゲルを使う前にメイク落としと使います。

 

W洗顔不要、朝も夜もこれ1本で、スキンケアの準備はバッチリです。

 

使い方は簡単です。

 

手のひらに5cm程度だし、円を描くようにメイクに馴染ませます。

 

45秒ほど顔に馴染ませた後、ぬるま湯でしっかり洗い流すだけです。

 

シズカゲル より効果的な使い方

シズカゲルを最大限に活かすにはどうすればいいのでしょうか?

一般的な使い方と比べ、より効果が発揮できる使い方を紹介します。

 

まずは、洗顔後に使うのですが、必ず綺麗なお肌、洗顔でしっかりメイクや汚れを落としてから使いましょう。

 

よく顔の部分は綺麗にしますが

洗顔する手が汚れていたりする人がいます。

手も清潔に洗っておきましょう。

 

後は、乾燥の酷い時は多めに使うとか

マッサージをしながら使うのもひと工夫です。

 

さらにシズカゲルと化粧水を併用して使うと

その後つけるシズカゲルの浸透性が増します。

 

注意するのは、ゴシゴシ擦らない

使用量は守るなどに注意しましょう。

 

また、シズカゲルはベタつきがないので

化粧下地として使ってもいいようです。

 

シズカゲル 妊娠中・授乳中の使用について

シズカゲルは妊娠中、授乳中の使用に問題ないのでしょうか?

 

妊娠中はホルモンバランスの影響で肌トラブルになりやすいく

どんなスキンケアを使ってケアすればいいんか悩むところです。

 

また、授乳中のスキンケアでは、赤ちゃんに影響を与えるため

安心できる化粧品を使いたものです。

 

では、シズカゲルはどうでしょう。

 

シズカゲルは、安心して使えるように不要なものは一切使っていません。

大手メーカーでも困難な「界面活性剤フリー」を含め7つの無添加を実現しています。

 

また、健康食品や化粧品の製造で業界をリードする(株)東洋新薬と共同開発した

原料選びや素材開発に徹底したこだわりで

医薬品部外品として最高レベルの安全・安心を実現させました。

 

ですから、シズカゲルは妊娠中や授乳中の方でも問題なく使用できる化粧品なのです。

 

もし、肌に合わないなどのトラブルが起きた時でも

「SIZUKAヨクバリコース」で購入すれば

30日間の全額返金保証制度もついているので

安心して購入できます。




このページの先頭へ